あなたにお勧めする障害枠で働く三つのメリットについて

この記事は約4分で読めます。

あなたは精神障害者手帳を持ちだろうかもちろん手帳を持つということはそれなりの覚悟だったりとか不安だったり勢いがあったりするものだが働くということについてはかなりのメリットがある正直僕も社会不安障害と言う病名何だかはたからみればそれほど障害はあるようには見えないそういう意味で自分は障害者手帳を持つに値しない人間じゃないかと思うのも仕方がないが日本において働かざるもの食うべからずなので是非活用品しようじゃないか活用しなくても働く上での選択肢が増えるという意味でやはり取得しておくに越したことはない三つのメリットについて1募集枠が増える単純に障害枠というものが増えるためいわゆる一般終了よりも募集応募する口が増えるというわけだ先程選択肢と言った方選択肢という風に言ったのはその通りであなたは病名は隠し飾ることも出来るいわゆる一般枠就労クローズドと言われるもんだだけどもその自分の障害や特性を隠してあたかも一般の人間のように普通に働けるようにして一般終了すると大変苦労する後にも話すが今の日本っていうのはマルチタスクかだったりとか一人の人に一人の労働者に対して過剰なまでの労働を要求するのが一般的だいくら単純作業で募集されているものだったとしても実際は多くのことを求められるのが普通だ特に精神障害者というのは周りから見ればそれほど見た目で判断できなようで給料が安いにもかかわらず多くのことを多くの責任を求められることが多いそんな感じで結局は潰れてしまいメンタルをやられてしまい自己退職というのが非常に多いそういう意味で障害枠を利用する自分の障害をオープンにして働くというのは非常に有益な働き方だと思う2歳用押しやすい今日本では障害雇用というものを前に やっている国や市町村が障害雇用率というものを階段したものを崩すはご存知だろうか50人以上の規模の会社では2%程度の障害者を雇用しなければならないという法律があるのだが本来それを確実にジュンス遵守すべき国や市町村がそれを守っていなかったのだ今は早急に改善に向かっているが国や市町村がそんなものだから私て一般企業が守るのかというものもあるが一般企業には罰金が課せられているため法定雇用率を守るかそれとも罰金を払うかの二択を迫られている障害者を雇用するコストよりも罰金を払った方が良いという企業はもちろんいるがその罰金というのはかなり高額なため障害者を雇用する方向で全国では動いているこのためこのため障害者を雇用しなければならないという企業をたくさんいて自然と一般就労よりも雇用されやすい環境になっている今現在日本では三十歳40歳などは高齢になると就職が難しくなっていく現状がある終身雇用が崩れた今我々のような何らかの障害や特性を持った人たちが働くにはかなり厳しい状況が続いている一般の人達でも働くのが就職するのが困難になっているのに私たちにはより厳しいと考えて間違いないなので障害枠というものに負い目を感じるのは仕方がないが生きねばならないということを考えれば是非利用しよう特に障害年金に満たない程度の軽い症状人達僕もそうだが立ったりとか生活保護を受けるほどにはない程度の人達だったりやはり働かね働かねば生きていくことはできない 仕事内容を抑えられる先にも述べたが今日本ではトヨタ生産方式と言われる徹底的な効率化非*間的な効率化が当たり前のように施されている労働者は人とみなされず機械のごとく徹底的に使い潰されるほんの10秒でも暇を与えないそういう非*間的な扱いをされるのが日本の現状だそんな労働環境なわけだから僕たちのような負の方向の賞状を持った人たちは確実に苦労を強いられることに違いないそこで障害枠大障害枠は一般就労よりも働く内容が制限されていることが多いなので初めに単純作業を任されてどんどんとあれやこれやと任されていて結局は全然単純作業じゃなくなるということをある程度防ぐことができるもちろんデートや会社のやり方 Joshin 2のやり方に依存してる部分は非常に良いがある程度私たちを守ることができるという考えでいいと思うもちろん一般終了に比べれば働く内容が制限されている単純作業になってるため給料は安くなっていると思ってもいいただそれは仕方がないことで一気にドカンと稼いでストレスを溜めてすぐに辞めてしまうっていうことを繰り返すでもある程度簡単な仕事を長期にわたりずっと続けていくという選択肢の方が履歴書を傷つけずに済むしまた精神的にも安定するしでいいことずくめだと思う職場の人と長い関係を傷つければ自分の特性やなどを理解してもらうのに良いだろう確かに精神障害者というのにはかなりの偏見を持たれオープンにすることでのデメリットもあるが僕が経験した障害枠終了では社員レベルの人しか障害を持っているということをシェア共有されず僕の直属のリーダーだったりとかバイトリーダーだったりする人は同僚だったりする人は僕が障害者であることを知らないもちろんそれは書類内容によって一長一短があるがその方が偏見を持たれず良いかもしれない今の世の中年金問題だとか色々な先進国日本と言っても財政状況はかなり厳しくなっている状況だ昔のようにおんぶにだっこな障害者政策はもうなくなってしまったもう保護される立場ではないんだ働かなければならない生きなければならない自分自身で 他に障害を抱えながら働くことは大変だが実施障害枠障害者手帳という今現在できる最大の武器を使って今の世の中を生き抜こうではないか一緒に頑張ろう